ゴルフ知れば知るほど

ゴルフの本質と基本を学ぶ【企業セミナーゴルフ講習会】事業企画(概要)

課題・背景・目標

プレーの機会が増えてもゴルフの基本を知らないためにゴルフが楽しめない。ゴルフマインドを知る機会もなくエチケット&マナーの励行も不確かでは、ゴルファーとしての品格も備わらない。国際スポーツとして親しまれているゴルフを、様々な企業のビジネスパートナーと余裕をもって楽しめるようになれば、ゴルフは親交が深まる『社交の場』になる。

ワークシート

Why(なぜ)
  1. ゴルフリテラシーの推進
  2. ゴルフの本質
    @ゴルフマインド
    @エチケット&マナー
    @ハンディキャップ精神
  3. 健康と生きがいの創造
Whom(だれに)
  • 社員とその関係者
  • *経験不問
  • *ゴルフ部、同好会単位の対応も可能
What(なにを)
  1. ゴルフの本質
  2. ゴルフの基本
    @バランス・調和
  3. 学習プログラム
    @基礎知識
    @スイング&ショット
When(いつ)
  • 170分/回+質疑応答
  • *開催日は当該施設と調整
【事業名】
ゴルフの本質と基本を学ぶ
企業セミナーゴルフ講習会
Where(どこで)
  • 講義室・ホールなど
  • *座学と軽運動が行える
How(どのようにして)
  1. 座学・協働学習(軽運動)
  2. *25名から実施(応相談)
How much(経費は)
  • 講師料50,000円/1講師/回
  • *教材費・諸費用別途
  • 教材費3,000円
  • *諸費用別途
Who(だれが、どこが)
  • (社)生涯学習ゴルフ研究会
  •  認定ゴルファーズコーチ

<内 容>学習プログラム

基礎知識(座学) 基本理論(座学) ゴルフスイングの軽運動
1-1 ゴルフゲーム バッティング・イメージ ベントオーバードリル
1-2 ハザード チッピング・クラブの機能 コントロールスイングドリル
2-1 あるがまま プリスイング・前傾角度 スイングリズムドリル
2-2 救済措置 インスイング・前傾姿勢 ヒンジングドリル
3-1 セルフジャッジ スイング形成ドリル・自動化 タイミングドリル
3-2 自己申告 コントロールスイング・振り幅 ウェートシフトドリル
4-1 ゴルフエチケット ピッチング・ボールのライ アームローテーションドリル
4-2 ゴルフマナー バンカーショット・ボール弾道 アームローテーションドリル
5-1 ハンディキャップ 傾斜地からのショット(1) テンポドリル
5-2 快挙と落胆 傾斜地からのショット(2) タイミングドリル

<広報告知>社報紙面・インターネットほか

<申込方法>インターネットからの申し込みほか

<問合せ先>.090-2324−7020(じぶ)jibu@psga72.jp

講師プロフィール

米国パインハーストでのゴルフセミナーに参加し、ゴルフを科学的に探究する考え方や歴史と伝統に培われたゴルフの神髄に触れる。
帰国後、自らが専門とするスポーツ科学の基礎学問とゴルフ理論との整合性の研究に取り組み、「ゴルフ公開講座」の根幹を成す学習プログラムを確立する。
これまで一般向けのゴルフ公開講座を約1,000回以上行う。

現在、日本経済新聞公式【書斎のゴルフ】メルマガの連載を担当する。

一般社団法人生涯学習ゴルフ研究会代表理事
Pure&Sure Golf Academy事業部長
1956年生まれ 順天堂大学卒

=ゴルフの本質と基本を学ぶ【企業セミナーゴルフ講習会】=「原資」

ゴルファーの先人たちは、ゴルフの奥深さを象徴する格言を数多く残してくれている。

「ゴルフはすぐうまくならないが、いつはじめてもおそすぎることはない」

フィリップモンクリーフ/イギリス

「ゴルフは、学べば学ぶほど、学ぶことが多くなる」

エルズワース・バインズ/イギリス

「ゴルフを単なる娯楽とみなすものには、ゴルフはいつまでも解きがたいなぞとなるだろう」

ジョン・ヘンリー・テイラー/イギリス

「およそいかなる規則も、その後ろに精神がなければ単なる用語上の混乱に陥るだけだ。この精神こそゴルフの精神であり、支柱なのだ」

ジョセフ・ダイ/イギリス

「ゴルフを見れば見るほど、私は人生を思う。いや人生を見れば見るほど、私はゴルフを思う」

ヘンリー・ロングハースト/イギリス

〜不滅のゴルフ名言集 珠玉の名言600選 摂津茂和著ベースボールマガジン社〜

ゴルフは、ゴルフマインドを継承し、ゴルフルールの第1章に規定されている、エチケット&マナーを励行しながら、理想(自己概念)と現実(経験)の一致を楽しむゲーム。
ゴルフマインドとは、あるがままにプレーし、自らがジャッジを務め、公正にプレーすることを誇りとする精神である。プロであれアマであれ、ゴルフマインドを継承してこそゴルファーであり、スコアの追求のみに偏っているゴルフプレーヤーとは似て非なる存在。
ゴルフをより深く楽しむためには、誤認識することなくゴルフスイングの基本を習得し、ゴルフについての理解を深め、経験を処理して知恵を豊かにする必要がある。

また、ゴルフは、エチケット&マナーに象徴されるように、人を思いやる気持ちを大切にするコミュニケーションスポーツであり、年齢・性別を問わず誰もが楽しみながら探求できる生涯学習である。

情報を活用する能力として「情報リテラシー」があるように、ゴルフの基本と本質を学んで活用する能力として「ゴルフリテラシ−」があっても不思議ではないのだが、ゴルフの基本と本質を学ぶ機会もなく、バブル期以降、ゴルフは、只々スコアの追求と一過性の娯楽のように取り扱われてしまっているため、偏見視されても無理はない。

ゴルフの本質と基本を学ぶ【企業セミナーゴルフ講習会】は、「ゴルフリテラシー」の意識を高め、人と情報、人と人、人と学習資源を適切に結び付ける社員研修の一環として、また生涯学習の「要」として地域の貴重なネットワーク基盤の構築に重要な役割を担えると確信する。

一方でゴルフ場は社会の縮図であり、子供たちがゴルフの本質と基本を学べば、人格形成にとって極めて教育的価値の高い取り組みになり、子供たちは「感謝する心」と何よりも現実(自分)と向き合いながら「諦めない心」を培うことになる。学習者が学習成果をもとに、ゆくゆくは学社連携・学社融合の役割を担えば生涯学習の更なる進行も期待できる。

学習者が仲間や居場所を見出し人間関係を向上させ、生涯にわたって健康と生きがいの創造に向けて学び続けるられる未来志向的な学習社会の実現に向け、とりわけ生涯学習コーディネーターの果たす役割は大きい。ゴルフは500年にも及ぶ歴史と伝統に培われた普遍的な文化遺産である。社会に有効活用できないはずがない。

 

〜治武 隆(じぶ・たかし)〜

使用教材の一例

書籍の紹介

Pure & Sure Golf Academy
〒294-0014 館山市山本1160
館山ゴルフ倶楽部 内
TEL 0470-23-8210
FAX 0470-23-8213

セミナーハウス&事業部
〒294-0045
館山市北条1684-6
JR館山駅より徒歩7分
mail : jibu@psga72.jp
tel : 090-2324-7020