日本経済出版社【書斎のゴルフ】掲載履歴

VOL.36 『ラウンド力を鍛える!』 66〜81ページ 2017年10月12日発行
VOL.37 『上手な人の練習法』 114〜129ページ 2018年1月15日発行
VOL.38 『飛ばしの秘伝』 130〜145ページ 2018年4月12日発行

治武コーチの【誤認識解消シリーズ】最終回

2019/04/18

Pure&Sure Golf Academy治武コーチの【誤認識解消シリーズ】最終回

〜誤認識とは『良かれと思い込んで誤解・錯覚してしまうこと』と理解してください〜

『セットアップの両手の位置は、クラブごとに決めるのが基本』(正or誤)

ゴルフクラブにはいくつかの角度が備わっています。ロフト角度とかライ角度です。ゴルフクラブは、シャフトの長さは番手ごとに違っても、同じセットのアイアンであれば、ライ角度の設定が綿密に計算されていて、両手の位置を一定にしてセットアップできるようになっています。もちろんドライバーやウッドクラブも、アイアンの両手の位置と大差なくセットアップできるようにライ角度も設定されていますが、飛距離を追求する構造が優先されて、ライ角度は大きめに設定され、アイアンと両手の位置を同じにするとドライバーの場合、ヘッドの先端部分は、個人差は若干あるものの、かなり芝生から離れます。
もとよりセットアップの両手の位置は、前傾角度と体重配分とともに、セットアップの基本中の基本です。両手の位置がその都度まちまちではボールとの距離が定まらず、せっかく身につけた基本スイングでショットすることはできません。(正解は誤)
ボールに近付きすぎてセットアップしている場合だと両手の位置は身体に接近し過ぎて、体重配分も踵よりになってしまい、筋紡錘の反射が大きく影響してしっかりクラブを振り抜くことはできません。結果的にクラブフェースをなんとかボールに当てようとする、いわゆる当て上手打ちにならざるを得ません。極端な場合は、ネック寄りでヒットしてしまうことになり、ボールは斜め右方向に飛び出します。
但し、つま先上がりの傾斜地からのショットの場合、両手の位置は平坦な場合よりも上に上がりますが、止むを得ません。スタンスの幅を調整し、コントロールスイングでタイミングよくショットして、ターゲットエリアも広く設定するようにすべきです。
ライ角度の大きいドライバーやウッドの場合は、両手の位置をアイアンと同じにし難いかも知れませんが、スイングを安定させる上で、極力アイアンとの差を少なくセットアップすることが重要です。ここは科学的な根拠を理解しているコーチと相談して、最良の準備姿勢を習慣にできるようにしましょう。
皆さんお解りでしょうが、初回から今号まで、すべて打つ前の準備内容に関する内容でした。フォームも重要ですが、準備の内容が良くないことにはショットの上達は望めません。
【誤認識解消シリーズ】は今回で終了させていただきます。これまでお読みいただきましてありがとうございます。
今後はスキルアップセミナーのアクティブラーニングの内容をエッセンシャルにレポートして掲載する予定です。ご期待ください。
詳細は公式ホームページwww.psga72.jpの【コーチング&セミナー】をご覧ください。