日本経済出版社【書斎のゴルフ】掲載履歴

VOL.36 『ラウンド力を鍛える!』 66〜81ページ 2017年10月12日発行
VOL.37 『上手な人の練習法』 114〜129ページ 2018年1月15日発行
VOL.38 『飛ばしの秘伝』 130〜145ページ 2018年4月12日発行

治武コーチの【誤認識解消シリーズ】8

2019/03/04

Pure&Sure Golf Academy治武コーチの【誤認識解消シリーズ】8
〜誤認識とは『良かれと思い込んで誤解・錯覚してしまうこと』と理解してください〜

『ボールの位置とスタンスの位置の距離はシャフトの長さが決める』(正or誤)

このシリーズは今回で8回目ですが、そのどのテーマも打つ前の準備段階の内容でした。それだけ、打つ前の準備がショットの成否に直結するからです。その関係を解りずらくしているのがエラー相殺ですね。
エラー相殺は、エラーでエラーを相殺してインパクトを成立させるショットであり、上手く打てているようでも、ミスショットの危険性を多分に含んでいます。いわゆる「当て上手」の打ち方です。
初級者はエラー相殺できずにミスショットが多くなりますが、上級者も、程度の違いはあるもののエラー相殺を含んでショットしています。
さて、今回のテーマですが、シャフトの長さはクラブごとに違いますから、両手の位置がほぼ一定なら、シャフトの長いクラブほどボールから離れて、短いクラブほどボールに近くに、スタンスの位置が決まります。(正解は正)
ただし、セットアップ姿勢が決まっていない初級者は、両手の位置が決まっていませんから、ボールとの距離が解りずらくなっても仕方ありません。平らなところで解らなければ、実践場面の傾斜地では何が何だかわからず、混乱しても当然です。
要するに、セットアップが基本通りにできていれば、ボールとの距離に迷うこともなく、ラウンド中の様々な状況にも、応用実践できるようになるのです。
講座テキスト『Practice Instructor』にセットアップの基本が写真入りでまとめてありますので。確認しましょう。
エラー相殺が多ければ多いほど、ドラマチックな展開になりますが、想定イメージと結果は違ってきますね。理想と現実の一致が体験できると嬉しですね。
追伸、日本経済新聞出版社の『書斎のゴルフ』4月号に私の原稿が掲載される予定です。『書斎のゴルフ』の取材はありましたが、執筆は初めてす。じっくり読んでいただけると嬉しいです。

【誤認識解消シリーズ】9<予告編>
『セットアップ姿勢の体重配分はやや踵よりにしてどっしりと構える』(正or誤)