日本経済出版社【書斎のゴルフ】掲載履歴

VOL.36 『ラウンド力を鍛える!』 66〜81ページ 2017年10月12日発行
VOL.37 『上手な人の練習法』 114〜129ページ 2018年1月15日発行
VOL.38 『飛ばしの秘伝』 130〜145ページ 2018年4月12日発行

治武コーチの【誤認識解消シリーズ】7

2019/02/12

Pure&Sure Golf Academy治武コーチの【誤認識解消シリーズ】7

〜誤認識とは『良かれと思い込んで誤解・錯覚してしまうこと』と理解してください〜
『ボールの位置の基本は、クラブの長短にかかわらず、中央より』(正or誤)

ボールの位置は、とても重要な割には見過ごされがちですね。ショットの良し悪しどころか、極端な場合はスイングが壊れて悪癖になってしいます。ピンとくる方いらっしゃるのでなないでしょうか。
ショットはアドレスの再現と言われた頃もありましたが、再現されるのはせいぜいスイートスポットがボールを捉えるインパクトのフェース部分ぐらいで、アドレスの時のセットアップ姿勢とインパクト姿勢は、上級者ほど格段に違います。
アドレス時のセットアップ姿勢ではボールは遠くに飛んでくれません。軸足を設定するには、下半身は先行動作を行い、それにつられて胸の向きも若干、ターゲット方向に向いています。尚且つ、手首の角度も違っています。
つまり、ダイナミックな動きの途中のインパクト姿勢でボールをとらえるのですから、スタンスの幅のどこにボールがあれば良いのかは、とても重要になるのです。
最もダイナミックな動きをするのは、そうですドライバーです。次は比較的シャフトの長いクラブで、シャフトの短いクラブほどコントロールを重視するため、ダイナミックな動きは穏やかになるはずです。
ということは、最もダイナミックな動きをするドライバーが左寄りの左足踵内側の前、最もコントロールを重視するウェッジ類がスタンスのほぼ中央と考えるのが基本です。
(正解は誤)
先ほどから、ボールの位置はスタンスの幅において、どこが良いのかと言うことを説明していますが、スタンスの向きは、狙いの方向に平行になっていることが前提です。その上で、それらの平行線を直角に貫く線をボールの位置と考えた方が、完成度が高く、打つ前の習慣にもしやすくなります。これらの平行直角の関係がスクエアシステムであり、上級者はとても重要視します。
お解りですか?たかがボールの位置ではないのです。更には、いずれスイングを変えないでボールの位置の変更で、ボール弾道の高さを変えられるようになると素晴らしいです。


Pure&Sure Golf Academy治武コーチの【誤認識解消シリーズ】8<予告編>
〜誤認識とは『良かれと思い込んで誤解・錯覚してしまうこと』と理解してください〜
『ボールの位置とスタンスの位置の距離はシャフトの長さが決める』(正or誤)