日本経済出版社【書斎のゴルフ】掲載履歴

VOL.36 『ラウンド力を鍛える!』 66〜81ページ 2017年10月12日発行
VOL.37 『上手な人の練習法』 114〜129ページ 2018年1月15日発行
VOL.38 『飛ばしの秘伝』 130〜145ページ 2018年4月12日発行

治武コーチの【誤認識解消シリーズ】5

2018/12/21

Pure&Sure Golf Academy治武コーチの【誤認識解消シリーズ】5

『スタンス幅は肩幅ではなく体重移動との関係を優先して決めるべき』(正or誤)

スタンスの意味は、辞書には立場・姿勢、野球やゴルフで球を打つときの足の幅・位置とあります。どういうスタンスでゴルフをするかはさておき、今回は足の幅についてです。
体重移動は腰の回転と共に、スイング中のバランスを左右する軸足設定の鍵を握ります。
足幅が広すぎると軸足設定がしずらくなり、右足を左足に引き寄せない限り、上体が突っ込みます。逆に狭すぎると下半身の力が十分に引き出せません。
もうお判りでしょうが、体重移動がスムースにできてこそ軸足設定が速やかにできるのであって、それが可能な足幅が理想であり、一概に肩幅と言いきれません。しかも肩幅には個人差があり、尚且つ肩幅を足幅の内側にとるか外側にとるかによって、相当な違いがあります。基準にするには無理があります。@正解は(正)
要するに、最短時間で体重移動ができて、フィニッシュの体重配分が左足にほぼ9割になるような、本人なりのスタンス幅が基本です。当然コントロールスイングはこれよりも狭くなります。もちろん傾斜地からのショットの場合はこの限りではありません。
『素振りはいいのにね』と言われている方の足幅は、素振りの時よりもセットアップの時の方が格段に広いケースがほとんどです。軸足の設定が遅れがちになり、上体が突っ込み、素振りの時のフィニッシュはしっかり安定しているのに、ショットのフィニッシュは安定していません。
本人の意識は、『広い方が安定するから』なのでしょうが、安定すべきは、スイングの安定であって、セットアップの安定が最終目的ではないのです。
もう一つ足幅とともに重要なのがつま先の向きですが、これは次回に。

Pure&Sure Golf Academy治武コーチの【誤認識解消シリーズ】6<予告編>
〜誤認識とは『良かれと思い込んで誤解・錯覚してしまうこと』と理解してください〜

『つま先の向きの基本は、右足はほぼ正面、左足はやや左に向けた方が良い』(正or誤)