日本経済出版社【書斎のゴルフ】掲載履歴

VOL.36 『ラウンド力を鍛える!』 66〜81ページ 2017年10月12日発行
VOL.37 『上手な人の練習法』 114〜129ページ 2018年1月15日発行
VOL.38 『飛ばしの秘伝』 130〜145ページ 2018年4月12日発行

ゴルフフェスティバル2018レポート

2018/10/09

台風の進路が気になり、もしもの場合は延期することも視野に入れましたが、当日は素晴らしい快晴微風の、一年に数回あるかないかの最高のゴルフ日和(やはり治武は晴れ男!)で総勢45名の盛大なゴルフフェスティバルが開催出来ました。
滋賀より遠路はるばる(往復1,100キロの運転)ご参加いただきました奥村善彦様、楠木慶子様には大会を大いに盛り上げてただき、感謝申し上げます。
上位の方の成績は以下の通りです。(敬称略)
【スクラッチ競技部門】
ハンデキャップ「0」でプレーするゴルファーがスクラッチプレーヤーです。18ホールのストローク数で順位を決定します。バックティー使用
優勝/鈴木教大(40+39=79)準優勝/福原一実(39+41=80)3位/金成奉(42+39=81)
【事前申告スコア競技部門】
予め目標スコアを申告して、実際のスコアが近いほど上位とする方式で、別名オネスト「J」です。アンダーが出た場合はその差は2倍されます。皆さんとても上手?な申告でした。
【交流コースレッスン部門】
奇数ホールは50ヤード以内を3打でホールアウトするための「状況判断」「イメージづくり」「プリスイング」のレッスンを各コーチが行い、偶数ホールはスクランブルゲーム方式の実践ラウンド。ニアピン賞にはみんなでチャレンジ。初心者がコース慣れするにはうってつけの部門で、あっという間に定員いっぱい。そんなわけで参加者全員と各コーチが敢闘賞受賞です。皆さんよく頑張りました。


<ご参加の皆さん>