日本経済出版社【書斎のゴルフ】掲載履歴

VOL.36 『ラウンド力を鍛える!』 66〜81ページ 2017年10月12日発行
VOL.37 『上手な人の練習法』 114〜129ページ 2018年1月15日発行
VOL.38 『飛ばしの秘伝』 130〜145ページ 2018年4月12日発行

治武コーチの 【誤認識解消シリーズ】2

2018/10/09

Pure&Sure Golf Academy 治武コーチの【誤認識解消シリーズ】2

『体重移動しようとすると、スイング軸がブレる』(正or誤)
 スイング軸は実際には見えません。にもかかわらず、『スイング軸が安定しています』とか言いますね。言っている人に見えているものは何か? 恐らく、背骨だとか頭だとかを貫く棒状の”イメージ”でしょう。
 問題は、イメージなのに、身体の一部をスイング軸と思い込んで(誤認識)その個所を固定化しようとして、大事な身体の動きの伸びやかさを失ってしまう点にあります。『頭を動かすな!背骨を真っすぐ!』これらは身体への負担が大きく、ダイナミックな身体のバランスは成立せず、フィニッシュは乱れます。
 なぜこんな現状が続くのか?それはプロゴルファーの連続写真などの完成形を最初から見るからです。とてつもない努力の先に彼らの完成形があるのに、いきなり一般アマチュアがまねてもできるはずありません。ゴルフ雑誌類の情報がこの流れに拍車をかけます。
 水泳でいえば、泳げない人がいきなり競泳プールに飛び込むようなものです。段階を踏んでスキルアップするプロセスを欠いては溺れてしまいます。でも、ゴルフは静止しているボールを打つのですから、初心者もそこそこ器用に打ててしまうのです。その後はどうなるのでしょう?
 さて、スイング軸の安定をどうするかですが、両肩の中ほどの首の付け根付近を、物理原理のスイングセンター(イメージ)と一致する箇所と位置付け、軸の概念は捨てて、どうすればスイングセンターからブレの少ないスイングで、ショットできるかを追求する方が、一般アマチュアには、実は易しいのです。
 首の付け根がその場で回転しながら安定するには、下半身の動きと、上半身の動きとのタイミング(身体各部の動きの時間差)がカギを握ります。切り返しからダウンスイングにかけて体重移動を正しく先行させれば、筋紡錘の反射機能によって、上半身は下半身を追い越すことはなく、自ずと首の付け根付近の動きは安定します。
言い換えれば、軸足(左足)の設定のタイミングです。同時に股関節の角度変化までもが正しくできているのが上級者です。@正解(誤)
詳しくは【ゴルフ基本テキスト】(psga72.jp)ウエートシフトのページをご覧ください。